image

赤品種

Tinta Barroca ティンタ・バロッカ

tinta_barroca

ドウロで広く栽培されている品種で、ポートワイン用として公式に推奨されている5つの品種の1つです。単一の品種としてワインとなることは稀ですが、タンニンが少なく、色が濃い特徴により、全てのポートワイン、ドウロワインには使われています。濃い色合いにも関わらず皮は薄く、プラムやチェリーの香りを持ち、糖度が高くなるのが特徴です。害虫や病気に対する耐性も優れており、収量は多く常に一定しています。一方では、川が薄いため、高温と水分不足によって、熟したぶどうはレーズン化しやすい欠点もあります。南アフリカでもこのぶどうからポートスタイルのワインが造られています。