image

白品種

Loureiro ロウレイロ

loureiro

現在はヴィニョ・ヴェルデ地方で広く栽培されている品種で、ルレイロのブドウはリマ川の渓谷から始まり、ヴィニョ・ヴェルデ地方の北に向かっているようです。 “ロウレイロ”は「ローレル」または「ベイリーフ」を意味し、ロウレイロのワインの香りは月桂樹の花、オレンジの花、アカシア、ライムの花の香りに似ていると言われています。 ルレイロのワインは通常、爽やかでバランスの取れた酸味を持っています。 ロウレイロは、今日では単一の品種として瓶詰めされていますが、伝統的には、アリント(ペデルナン)とアルバリーニョ、またはトラジャドゥラとブレンドされることが多くありました。 それは非常に活発で、高収量の品種であり、ごく最近「貴族」として認識されました。 房は細長く、比較的コンパクトで、中程度の大きさの黄色がかった緑がかったブドウが生えています。